FC2ブログ
さて、とうとうネットで購入した中古車のセレナ。

肝心の伸びるであろうと予想した燃費の方は・・・・・・、

================================================


前のセレナ4WDディーゼルの時は、実燃費11km/L

だったのが、

現在のセレナ2WDディーゼル、実燃費12km/L



1km伸びました。

予想通りです。



リッター1km伸びるという事は、100リッターで100km伸びるということ。


やっぱり違います。


車検代や修理費、燃費を考えると、車を変えて得したことになります。





でも、同時にこんなことも思いました。


「たった30万円40万円で、こんな綺麗な車に乗れるのなら、車検が来るたびに2年毎に車を買い替えてもいいな。

車検ごとに買い替える人の気持ちが分かる。

今回、初めて中古車というものを購入したけれども、これはいい。

安くてたくさんの車に乗れる。


そう言えば、ランボルギーニーカウンタックを新車で購入し少し乗ってすぐ中古車として出す。

そういう乗り方をするとランボルギーニーカウンタックを所有する事ができる。


何かそんな風なことを友達が言っていたことを思い出し、色んな所有の仕方があるのだな」



と思いました。




これからも、セレナに乗っていくつもりですが、正直ステップワゴンも乗りたいので、もしかすると、おもいきったらステップワゴンに変えているかもしれません。




以上、今回の私の、サーフィンに使う車、ワンボックスカーセレナ、


ネットでの中古車選び。カーセンサー中古車購入体験談でした。



少しでもあなたの中古車購入の参考になれば私も幸いです。



また聞きたいことがあれば何でもお答えしますので、メッセージを送る。

からご連絡ください。


ありがとうございました。


カーセンサー公式ホームページ


スポンサーサイト



すると、

「乗り心地が、14年前私が、古いセレナを新車で買ったときとまったく同じ乗り心地」



というのも、乗り潰したセレナは、もうサスペンションが劣化し、車体が沈み込んでいたせいかハンドルも重く、タイヤも内側から減る始末。



そんな状態でしたから、この新しいセレナに乗ったときの車高の高さ。

まさに新車で初めて乗ったときとまったく同じで、それが逆に運転しにくく嬉しいやらドキドキするやら。


そしてエンジン音も前のと比べて、小さい。音の静かさがまったく違います。




途中、オートバックスに寄って、今度こそ絶対錆びさせないぞということで、サーフィンで濡れた足を横にこぼさないように足元のシートと、

ドアの雨水抜きの穴にサビ止めを吹くためのサビ止めスプレー。

そして、車内を涼しくするためとプライバシー保護のためのフィルムを購入し



8時間かけて、カーレーダーなど車のあちこちを触りながら自宅まで帰ってきました。




翌朝起きて、ニコニコ。

車に行って、エンジンをかけて日常生活が始まりました。


今までと違う車。



とっても軽い。



新品。


ピッカピカ。



下手に新車を買うよりも、安く中古車を買った方が、備品など勝手に付いている。




まず、前のセレナには付けていなかったカーレーダーが付いていました(^-^)!



カーレーダーが付いていました

レーダー

新車で買うと、ホイルやカーレーダー、CDチェンジャーなどどうしても我慢してしまうところが付いている。





カーナビ付きオーディオも付いていました。

オーディオ






そして、なんと

CDチェンジャーも付いていました。

チェンジャー





かなり安い値段でこれは得。



改めて思いながら、毎日走っています。



そして、購入してから2ヶ月。



その間に、このセレナに乗って空港まで行ってハワイへ。


帰ってきてからも車の調子は断然良く。

まったく問題なしに毎日乗っています。



そして肝心の伸びるであろうと予想した燃費の方は・・・・・

カーセンサー公式ホームページ


とうとう電話がかかってきた!


もう、その日にでも出発したい。


で、即効、車中泊のための着替えを用意し、お風呂に入り車を走らせました。
セレナ10




サーファーが、ステップワゴンやセレナなどワンボックスカーに乗る理由は、やっぱりサーフトリップ。

サーフボードを積んで夜走って海岸に着き、車中泊をして夜を明かして朝サーフィン。




これがサーファーとして当たり前のことですから、もう車中泊は慣れきったもの。

寝袋も積んでいるし、お風呂セット、歯磨きセットすべて積んでいます。





車を走らせ約8時間、とうとう岐阜県にあるその自動車屋に着き、そして車中泊する場所を探し。

歯磨きをして明日に期待をしておやすみ♪

をしました。





翌朝、

セレナ12



起きて朝食を食べ、しばらく時間を潰してから今乗っているセレナに

「今までたくさん走ってくれてありがとう」


と感謝の言葉を継げました。

セレナ交換前



どこか寂しそうな後ろ姿。でも新しいセレナが待っているんだよ。

新しいお前に生まれ変わるんだよ。


と言い聞かして自動車屋に向かいました。
セレナ9



これが愛車というものなのでしょう。。。






すると、もう人が来ているらしく入れる状態。
セレナ13





車を自動車屋に入れ、挨拶を済ませ、



新しいセレナとご対面。

セレナ11

手前左に映っているのが、私の古いセレナ。

その側に映っているのが、新しいセレナ。社長がドアを開けているとろこです。




そのナンバープレートを見た時点で、まるで運命のように体がビビビッ!!!!っと電気が走りました。

なんと私が望んでいたナンバープレートに近いナンバーが。


私の好きな数字が並んでいる。



偶然にせよ、これにはやはりとても感動しました。

「おおおお・・・・、いいナンバーだ」




そして、いくら安いにせよ、ピカピカ。

錆びてない。


あちこちを見回して、

サビはないし、エンジンルームも綺麗。

すごく綺麗。




おまけに

ホイルも変えている。

CDチャンジャーが付いている。

ねずみ捕りのレーダーも付いている。

ETCも付いている。

エンジンリモートスターターも付いている。


今の車ならもう当たり前に付いている鍵を挿さなくても鍵を開け閉めできるコントロールキーが付いている。



私の古いセレナには付いていなかったものばかり。


「たった27万円で、中古車とはいえピッカピカの、まるで新車のような車に変える事が出来る。

これは、すごい得」


と、その場で内心喜んでいました。



早々、荷物を積み替え、そして手続きとありがとうと挨拶を済ませ、新しいセレナに乗って帰ることに。


社長と新セレナ。
社長




やっぱり海のそばのサーフィン用の車は中古車に限る。
別にサーフィン用でなくても300万円も出せば、7台も乗り継いで色んな車を楽しむことができる。

新しいセレナで走り出しました♪

カーセンサー公式ホームページ


そしてとうとう9月13日。

車を取りに来てくださいという電話がかかってこないので、こちらからかけることにしました。



すると車自体はもう出来上がっているそうで、あと登録とタイヤを代えるだけのようですが、そのタイヤが少し遅れているようで18日には出来上がるとのこと。



しかし、

「私の今の車、車検が9月17日までなのですが・・・・」



とお話しし、またかけなおしますとのこと。




タイヤまで交換してもらえる。

ほんとちゃんとしてくれる。

心を込めて整備してくれている事が分かります。



ほんと素晴らしいですね。


いくら納期に間に合わせたといっても、手抜きの整備でタイヤすぐ交換というのはさすがにですよね・・・・


ありがたいです。



そして、2日後とうとう待望の電話がかかってきました♪♪

カーセンサー公式ホームページ



さて、これからが契約書です。

まず、車庫証明は普通、車屋にやってもらうと2万円くらいかかります。

しかし、自分でやると3000
円くらいで済みます。


自分でやることに。



●自分でやる車庫証明の取り方。

1.最寄りの警察署に行って車庫証明の書類をもらってきます。

2.必要事項の記入と印鑑。車庫を提供する人の名前と印鑑

3.住んでいるところと、車庫の地図をコピーして貼り付け

4.警察署に提出

5.約1週間程度で出来上がり、引き換えの控えを持ってもらう。



たったこれだけの作業ですが、自動車屋さんにやらせると、

自動車屋さんが代理人になるため、行政書士を通すらしく、費用が2万円になってくるようです。




無事、車庫証明を貰い、

車輌売買契約書、譲渡証明書、委任状2通、印鑑証明2通、住民票1通を入れ。

返信完了しました。


あとは、自動車屋からの

「車を取りにきてください」

という連絡を待つのみです。


※今回の自動車屋の凄いところはボロ車も下取りしてくれるところ。

なんと31万kmも走り、ドアもボディーもサビて、もうボロボロのセレナを下取り車として3万円で引き取ってくれるのです。

カーセンサー公式ホームページ




ということで、この3万8000円捨てる覚悟で振り込みました。


すると、振り込んで4時間後、セレナ側の自動車屋から連絡があり、

「相手方がお金を用意できそうにないので、お譲りします」

との連絡が。


嬉しいけれども、たった4時間で38000円が飛びました。


それを社長に話したところ、

「15000円だけ、うちがもちます。もし、返金してくれても、私に黙っていてください」

とのこと。


振り込んでから、たった4時間。

ですから、ステップワゴン側に電話を入れ、キャンセルの電話と返金は出来るのかどうか聞きました。

すると社長に連絡をとってくれて、振込手数料を引いて37560円が返金されました。


ほんとハラハラものでした。

カーセンサー公式ホームページ